案件を一緒にやっていく時の考え

今回はのスタンプ制作は
いつものようにクラウドワークスよりイラストレーターさんを募集しています。

クラウドワークス自体も力をいれてキャンペーンをやっています。
https://crowdworks.jp/lp/line

私がいつも依頼させてもらうポイントとしては主に下記3つになります。

■クオリティ
こちらで表記しているレベルぐらいのデザインは可能か?

■コミュニケーション
スカイプで打ち合わせは可能かどうか?

■予算
こちらで明記している金額内でできるのか?

あと重要なものとしてスケジュールが入るのですが、
こういったまずは様子をみる案件については、あまり重要視しません。
なぜかというと、こちらのスタンスとして
「一緒に勉強しませんか?」という方向で行っているからです。

勉強しながら = 作業時間が読めない

ということになりますので、
デザインラフ案チェックはいつまで、デザイン完成はいつまで、他のパターンはいつまで・・・
とディレクターらしくあまり明確にきってしまうのも、イラストレーターさんのテンションを下げてしまうのでは考えています。

それよりもとりあえず、納品までのデットラインだけ伝えつつ、
密にコミュニケーションを取りながら、縛られず楽しく案件を進めて行けたほうが、
よいアウトプットが上がってくると思います。

もちろん、納期をこちらでハンドリングできる案件に限りですが。