情報発信サイトのSEO

社会から始める趣味の活動」をテーマにしたサイトを3カ月ほど運営していてSEOについて意識していることメモします。

キーワードを探す

当然重要なところなのですが、探す方法が結構難しかったりします。その理由として

キーワードに対して満足させる情報を提供できるのか?

たとえば「社会人 おすすめ趣味」の検索キーワードで訪れたユーザーは何を求めているのか?どの情報を提供すると満足できるのか?結構深堀する必要があります。

そのためには想定ターゲットも考える必要も出てきます。
なぜそのキーワードで検索したのか?どのようは背景があるのか?そこらへんも細かく考えていきます。

キーワードプランナーだと情報が少ない

キーワードを横に広げるときはキーワードプランナーだと心もとないです。関連キーワード取得ツールでキーワードを洗い出しそのあとでキーワードプランナーで検索ボリュームを見るようにしています。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
http://www.related-keywords.com/

検索ボリュームも少なくとも100以上はほしいところです。

ユーザーが読みやすい文章構造になっているか?

今思えば学生時代にもっと文章を書く練習をしておけばよかったと思います。
ただ、情報発信サイトは文章はシンプルなほど読みやすく喜ばれます。まずは結論ありきで説明するを意識しています。

検索して情報を探している人はせっかちなので、文章を楽しむつもりはありません。まずは答えありきです。

クリックしたくなるタイトルになっているか?

検索で表示されるようになったら次はここですね。
ここは必ずユーザーへのベネフィットを書くように意識しています。

たとえば「これを読めば5分で出来る!」「今から使える!」「徹底解析」などですね。

バズ部さんのこちらの記事は参考になります。

数字で証明!5倍以上のクリック率を叩き出した「タイトルのつけ方」

差別化は出来ているか?

気になることがあってもとりあえず検索すればすべての答えが返ってくるぐらいネット上は情報が飽和している状態です。

情報が埋もれないためにも差別化が非常に重要ですね。
検索エンジンも専門性に特化したページを上位にあげてるんだと思います。

一つとしてイラストを自分で書くことに挑戦しています。
フリーの写真はみんな使ってる場所がかぶっているので、差別化が出来ていません。自分で描いてしまえば世界に一つの素材です。

利用している描画ソフト「CLIP STUDIO」
https://www.clip-studio.com/clip_site/

pixivユーザーも愛用している人は多いようです。